アライアンス企業とのあり方

ナウいは、社会正義に照らして正しいことを真正面から事業化し、実践しています。
事業の根底にあるものは、儲かるかどうかではなく、
「私たちの社会を快適で、安全なものにしたい」という想いです。
社会の一構成要素としての社会性を認識し、さまざまなステークスホルダー(利害関係者)の
要請に応えながら、社会の維持・発展に貢献していくとともに、「顧客第一主義」の基本観に
基づき、社会的信用の獲得に向けた事業を展開しています。

企業は社会との共生の中でのみ繁栄することができるとナウいは考えています。
より良い社会を築くことは、企業の将来にもより良い成果をもたらすはずです。
ナウいは、「社会貢献活動は戦略的投資である」
(ハーバード大学 マイケル・E・ポーター教授)という教えのもと、
社会貢献活動に取り組んでいきますので、志を共に出来る団体と積極的に
パートナーシップを組む考えです。

ナウいは、社会の秩序や安全を確保するため、取引上での基本方針を定めています。
・反社会的勢力とは、取引を含めた一切の関係を遮断します。
・反社会的勢力による不当要求に対し、組織全体として対応します。
・反社会的勢力による不当要求に備えて、平素から弁護士等の外部専門機関との連携体制強化を
 図ります。
・いかなる理由があっても、事案を隠ぺいするための反社会的勢力との裏取引は、
 絶対に行いません。
・反社会的勢力に対する資金提供は、絶対に行いません。